赤縄の契り(運命の赤い糸)

# せきじょうのちぎり

赤縄の契り(運命の赤い糸)

赤縄の契り(運命の赤い糸) のメイン画像
2024/06/06

種類:その他格言
赤縄の契り(運命の赤い糸)

若いころはたくさんの赤い糸が体から出ていますが、当たりはたった一本ですよ。


広告

中国の唐の時代に、赤い縄で男女の足を結べばどんな間柄でも夫婦となることができるという話から

赤い糸の奇跡

若い頃、私の体中にはきっとたくさんの赤い糸が巻き付いていました。その一つ一つが可能性の糸であり、どこかに導いてくれる縁のしるしでした。その中の一本が、運命の導きによって私とパートナーを結びつけました。

50年前、何の接点もなかった私たちは、まるでその赤い糸に引き寄せられるように出会いました。その出会いは偶然のようでありながらも、どこか必然のような不思議な感覚がありました。恋愛の末、私たちは結婚し、現在に至るまで共に幸せな日々を送っています。

人生には多くの選択肢があり、あの日あの時の選択がなければ今の私たちはなかったかもしれません。それでも、赤い糸が織りなす運命の奇跡に感謝しています。出会い、愛し合い、共に歩んできた50年は、まさにその赤い糸の導きによるものでした。

これからも私たちは、その赤い糸に感謝しながら共に歩んでいきたいと思います。過去に巻き付いていたたくさんの赤い糸の中から、一つが私たちを繋げてくれた奇跡を忘れずに、大切にしていきます。私たちの物語はまだ続き、これからも幸せな時を紡いでいくでしょう。

運命の赤い糸が私たちを結びつけ、今ここにある奇跡。それは、何にも代えがたい宝物です。

その他格言

赤縄の契り(運命の赤い糸)

作画:
きっと若者の体からは、たくさんの赤い糸が四方八方に伸びているのでしょうね。
でも、なんかこのイラストは猟奇的な違う意味合いを想像させますね。
赤縄の契り(運命の赤い糸) のメイン画像
赤縄の契り(運命の赤い糸) の補助画像
「赤縄の契り(運命の赤い糸)」(その他格言)の解説(私見)
なんだかんだ出会ってから半世紀近くが経つという事実に感慨深く思います。
でもこのコラムは少し恥ずかしいかな。
イラストご利用の注意:掲載のイラストは「イラストご利用の注意」に沿い、ご利用いただくことが可能です。

コメント欄を読み込み中
Navigation

≡ いろはかるた一覧
  clickで展開



広告