虎に翼

# 新解釈「女性の社会進出」が生まれるかも

虎に翼

虎に翼 のメイン画像
2024/04/17

種類:その他格言
虎に翼

従来「強い上にもさらに強さが加わる」という意味でしたが、もしかしたら、NHK朝ドラの影響で「強い女性」や「女性の社会進出」を象徴する言葉として新たな解釈が生まれ可能性があります。
女性の活躍がますます増えていく現代・未来において、この言葉が女性の力強さを象徴するものとして広く使われる可能性は十分にあるでしょう。


広告

虎に翼:強さの象徴から女性の時代へ

「虎に翼」という言葉は、もともと中国の思想家・韓非子の言葉で、「鬼に金棒」と同様、「強い上にもさらに強さが加わる」という意味で使われてきました。しかし、もしかしたらこの言葉に新たな解釈が生まれる可能性があります。
そのきっかけとなるのが、2024年上半期のNHK連続テレビ小説「虎に翼」です。このドラマは、男性優位の社会の中で懸命に生きる女性主人公の姿を描いた作品です。主人公は、周囲の反対を押し切って夢を追いかけ、様々な困難に立ち向かいながら成長していきます。

このドラマの影響もあり、「虎に翼」という言葉は、従来の「強さの象徴」というイメージに加え、「強い女性」や「女性の社会進出」といった意味合いを持つことが示唆されています。
これは、日本の社会における女性の地位向上と密接に関係していると言えるでしょう。近年、日本でも女性の社会進出がますます進み、様々な分野で活躍する女性が増えています。
ドラマ「虎に翼」は、そのような時代背景を反映し、現代女性の生き様を描いた作品として多くの視聴者の共感を呼ぶのではないでしょうか。

もちろん、ドラマの影響だけで言葉の意味が変わるわけではありません。しかし、時代背景や社会情勢によって、言葉の解釈が変化することはよくあることです。「虎に翼」という言葉が、女性の強さや社会進出を象徴する言葉として定着していく可能性は、今後の社会の動きによって左右されるでしょう。
しかし、少なくともドラマ「虎に翼」は、その言葉に新たな意味を与える可能性が十分にあります。

その他格言

虎に翼

作画:
NHK朝ドラの「シシヤマザキ」さんによるオープニングアニメーション、素晴らしいですね。彼女の影響を大きく受けて、作品のメインイメージを「虎に翼:女性の社会進出:颯爽と歩く若い女性たちの姿」として描きました。しかし、現実は残念ながらまだまだ下の絵「下を向いて歩いている少女たち」で表したような息詰まるような状況かもしれません。
虎に翼 のメイン画像
虎に翼 の補助画像
「虎に翼」(その他格言)の解説(私見)
私は女性の強さを十分に体験しています。

本題からは逸れますが、虎に翼の主人公、寅子が理不尽を感じると口にする「はて?」。これ、流行語大賞の候補になりそうですね。それに加え、押し黙っている様子を表す擬声語「スンッ」も候補になるかもしれませんね。NHKあざといですね。私自身は、これらの言葉を恥ずかしくて使ったことはありませんが。
イラストご利用の注意:掲載のイラストは「イラストご利用の注意」に沿い、ご利用いただくことが可能です。

朝ドラのファンで、いつも録画で視聴しています。通常はオープニングを飛ばして本編を見るのですが、「虎と翼」については、しっかりとオープニングを見た後で本編を楽しんでいます。それだけではなく、YouTubeでオープニングを繰り返し見ています。

コメント欄を読み込み中

≡ いろはかるた一覧
  clickで展開



広告