焚書坑儒

# ふんしょこうじゅ

焚書坑儒

焚書坑儒 のメイン画像
2024/06/09

種類:その他格言
焚書坑儒

現代の「焚書坑儒」であるSNSいじめは、表現の自由を脅かし、社会全体の活力を失わせる危険な存在です。私たちは、この問題を深刻に捉え、様々な取り組みを通して、SNSにおけるいじめをなくしていく必要があります。自由で健全な社会を実現するためには、表現の自由を守ることが不可欠です。


広告

現代の「焚書坑儒」:SNSの場合

21世紀の現代において、私たちはかつてないほど情報とコミュニケーションに恵まれています。インターネットやSNSの発達により、世界中の人々と繋がることは容易になり、自分の意見を自由に発信することも可能になりました。しかし、この自由の裏側には、新たな闇も存在します。それは、SNSにおけるいじめです。

SNSいじめと「焚書坑儒」の類似性

SNSにおけるいじめは、古代中国の「焚書坑儒」と類似する側面があります。秦の始皇帝は、思想統制の一環として、書物を焼き捨て、儒学者を坑殺しました。これは、人々の自由な思想表現を封じ込め、権力者の意に沿わない意見を排除しようとする行為でした。
現代のSNSいじめにおいても、同様のことが起こっています。誹謗中傷や嫌がらせなどの行為によって、人々は自由に意見を述べることができなくなり、自らの表現を抑制せざるを得なくなっています。これは、まさに現代版の「焚書坑儒」と言えるでしょう。

SNSいじめの恐ろしさ

SNSいじめは、被害者にとって深刻な影響を与えます。精神的な苦痛はもちろんのこと、場合によっては自殺に追い込まれることもあります。また、SNSいじめの被害者は、現実世界でも孤立してしまう可能性があります。
さらに、SNSいじめの問題は、被害者だけでなく、社会全体にも影響を与えます。SNSにおける自由な意見交換が抑制されることで、社会全体の活力が失われ、多様性が損なわれてしまう可能性があります。

表現の自由の重要性

表現の自由は、民主主義社会にとって不可欠なものです。人々が自由に自分の意見を述べ、異なる意見を尊重し合うことで、社会はより良い方向へと発展していくことができます。

SNSにおけるいじめは、表現の自由を脅かす存在です。私たちは、この問題を放置することはできません。

その他格言

焚書坑儒

作画:
コラムではSNSに触れましたが、イラストはあくまでも「焚書」です。検閲や言論の自由の抑圧に対する怒りを、燃え上がる本で表現してみました。
焚書坑儒 のメイン画像
「焚書坑儒」(その他格言)の解説(私見)
SNSで火種を撒き散らすことがありますが、その後すぐに身を引いてしまう自分に気づきます。
イラストご利用の注意:掲載のイラストは「イラストご利用の注意」に沿い、ご利用いただくことが可能です。

コメント欄を読み込み中

≡ いろはかるた一覧
  clickで展開



広告