年功序列/お山の大将

# まだまだ日本にある現実

年功序列/お山の大将

年功序列/お山の大将 のメイン画像
2024/04/02

種類:その他格言
年功序列/お山の大将

日本では、いまだに組織内での長期の勤続や地位に基づいた権威が重視され、能力や実績よりも年齢や地位による上下関係が強調されがち。これが持続すると、能力や成果を重視せずに地位や歳月に基づいた昇進が起こり、組織の活力や創造性が損なわれる可能性がありますね。


広告

年功序列と能力評価のギャップ

日本の組織文化は、しばしば「年功序列」という概念によって特徴付けられます。この概念は、長期の勤続や地位に基づいた権威が重視され、能力や実績よりも年齢や地位による上下関係が強調されることを指します。しかし、この組織文化にはいくつかの深刻な問題があります。

一つの問題は、能力や実績を十分に評価せずに昇進や報酬を与えることがあることです。例えば、組織内での昇進が単に勤続年数や地位に基づいて行われ、能力や成果を考慮しない場合、優れた人材が見出されず、組織の活力や競争力が低下します。このようなケースでは、能力があるにも関わらず昇進できないと感じた人々がモチベーションを失い、組織内の不満や離職率が高まる可能性があります。

さらに、年功序列に基づく組織文化は、新しいアイデアや異なる視点を受け入れにくい環境を作り出すことがあります。組織内で上位に位置する人々が、自身の地位や権威を守るために、新しいアイデアや変革を拒絶する傾向があります。これにより、組織全体がイノベーションや進化の機会を逃し、時代に即した競争力を維持できなくなるリスクがあります。

このような問題は、社会的にも大きな議論を巻き起こしています。過去には、能力を持つ若手が昇進やリーダーシップの機会を奪われ、組織内での人材の浪費やイノベーションの停滞が社会的な懸念となりました。特に、グローバル競争が激化する中で、日本の企業や組織がこれらの問題に対処することが重要になっています。

したがって、いまさらですが組織文化の改革が必要です。年功序列に固執せず、能力や実績を公平に評価し、優れた人材を適切に育成し、活用する仕組みが求められます。このような改革によって、日本の組織はより柔軟でイノベーティブな文化を築き、持続的な成長と競争力を確保することができるでしょう。

その他格言

年功序列/お山の大将

作画:
人間だけじゃないんだよ。野鳥の世界でも年功序列があるんだ!
歳をとった大型の鳥が、見晴らしの良いひな壇の上の階に居座っているよ。
年功序列/お山の大将 のメイン画像
「年功序列/お山の大将」(その他格言)の解説(私見)
サラリーマン時代はとかく感じていたことだなぁ。
イラストご利用の注意:掲載のイラストは「イラストご利用の注意」に沿い、ご利用いただくことが可能です。

コメント欄を読み込み中
PIXTAで販売中の
関連イラスト
113184900

(c)一期一会 - イラスト素材 PIXTA -

販売中全イラストを見る


≡ いろはかるた一覧
  clickで展開



広告