牛を馬にする

# うしをうまにする

牛を馬にする

牛を馬にする のメイン画像
2023/03/23

種類:大阪かるた
牛を馬にする

掟破りの遺伝子操作を行ってみた。
偶蹄目と奇蹄目の掛け合わせだから通常のハイブリッドは無理ですけどね。


広告

現代ビジネスでは常識

「牛を馬にする」は「馬を牛に乗り換える」と同義です。牛の歩みが遅いため、それを捨てて速い馬に乗り換えることを意味し、不利な状況を脱して有利な状況に便乗することを表現しています。

つまり、「牛を馬にする」とは本来の目的や手段を捨て、別の目的や手段に変更することを指します。これは、ある計画や事業が順調に進まなくなった場合、それを諦めて新たな計画や事業に移ることを意味します。

現代社会では、ビジネスや政治などの領域で、状況に応じて計画や戦略を変更することが重要とされています。ただし、計画や戦略を転換することによって元の目的が達成できなくなる場合もあるため、慎重な判断が必要です。

力業で馬にした

「牛を馬にする」という表現を絵に描くとします。しかし、牛に乗ったカウボーイが馬に乗り換えるだけでは、少し陳腐で格好悪いですね。

代わりに「牛を馬にする」という意味で、馬と牛の混血種の作画を考えました。ただし、生物学的には馬と牛の混血はあり得ません。馬と牛は科や属のレベルで異なる種であり、染色体数や遺伝子構造も異なります。そのため、受精や胎児の発生において胎児が死産や早期流産になってしまいます(だから牧場で同じ場所で飼われていても混血を見ることはありません)。

結果として、馬と牛の混血は自然界では起こり得ない現象で、人工的な遺伝子操作や交配技術を使用しなければ実現できません。では、遺伝子工学を駆使して混血動物を作り出した場合、どのような動物が生まれるのでしょうか。それを試してみました。

大阪かるた

牛を馬にする

意図:
本来の意味とかけ離れたイラストです。まぁしゃれですね。
作画:
自然界では起こり得ない牛と馬の混血。遺伝子工学を駆使してやってみました。
実際にできるかどうかは責任を負いませんよ。
牛を馬にする のメイン画像
「牛を馬にする」(大阪かるた)の解説(私見)
あ、角つけるの忘れた。今度時間あるときにどちらかにつけておきます。
イラストご利用の注意:掲載のイラストは「イラストご利用の注意」に沿い、ご利用いただくことが可能です。

コメント欄を読み込み中
PIXTAで販売中の
関連イラスト
104513146

(c)一期一会 - イラスト素材 PIXTA -

販売中全イラストを見る


≡ いろはかるた一覧
  clickで展開



広告